デパス

MENU

デパスとは

デパス

「デパス」とは抗不安剤です。

 

デパスは「神経症」「うつ病」「心身症」「睡眠障害」「腰痛症」「頸椎症」」「筋収縮性頭痛」などの治療に頻繁に活用されています。

 

また、別名「マイナートランキライザー」とも呼ばれ、抗不安剤の中でも、鎮静作用の程度が穏やかなため、こうして幅広い病気に処方されているのが特徴です。

 

日本においては、1984年以来、田辺三菱製薬(販売当初の社名は吉富製薬)により販売されていますが、個人輸入を利用して購入することも可能です。

 

デパスの効果、効能

 

デパスの主成分の「エチゾラム」には、神経系に働きかけることで鎮静作用をもたらす効果があります。具体的には、大脳辺縁系や間脳視床下部に作用することで、不安や緊張を和らげたり、それに伴い筋肉の緊張を緩和したりすることができるのです。

 

そのため、神経が興奮状態になることでそれぞれ症状を生じる「神経症」「うつ病」「心身症」「睡眠障害」や、筋肉が緊張することで痛みを生じる「頚椎症」「腰痛症」「筋収縮性頭痛」を改善することができるのです。

 

デパスの服用方法

 

デパスの服用量と服用回数は、症状によって異なります。

 

「神経症」「うつ病」の場合は、1日3mgを3回に分けて、「心身症」「頸椎症」「腰痛症」「筋収縮性頭痛」の場合は、1日1.5mgを3回に分けて、「睡眠障」の場合は、1日1〜3mgを就寝前に1回、経口服用します。

 

尚、この量は成人を基準にしたもので、高齢者の場合だとエチゾラムは1日1.5mgまでとされていたり、症状の程度によっても服用量は適宜増減されたりするため、服用前に医師と相談することが望ましいです。

 

また、服用時は基本的に食後とされています。ただし、この基準はあくまで胃腸への負担の軽減や、飲み忘れの防止を目的として設定されているため、自分自身が一番効果的と感じた飲み方を見つけた場合は、そちらに切り替えることも可能です。

 

デパスの副作用

 

デパスの副作用としては主に、「眠気・ふらつき・倦怠感・脱力感」などが挙げられます。しかし、元々デパスの持つ鎮静作用が比較的軽いこともあり、今のところ重篤な副作用の報告はほとんどされていないため、そこまで神経質に心配する必要はありません。

 

ただし、疲労が溜まっていたり、体調が優れなかったりする時に服用すると、上記の副作用が生じやすくなるため、その点においては注意が必要です。

 

デパスの注意点

 

先に説明した通り、デパスは希に注意力を軽減してしまう副作用を引き起こすため、服用直後に、車の運転や精密機械の操縦など、高い注意力を必要とする作業は避ける必要があります。

 

デパスには依存性も懸念されているため、この点についても注意が必要です。