関節痛 グルコサミン コンドロイチン

我慢強い世代に多い関節痛

困ったことに、年配のおじいちゃん、おばあちゃんの中にはやけに我慢強く、なかなか自分の体の不調を訴えようとしない方がいます。

なかなか不調を訴えない方でも、見ていると明らかに動きが悪いということはよくあります。立ち上がる動作、座る動作が億劫そうで、膝をさすったりはしているようですがなかなか弱音を吐かない。そういう方は特に、客人を前にするとピンとして、まるで本当に痛みを忘れてしまったかのように動く、なんて特徴もあります。

それだけ厳しい時代を生きてきたということでしょうか。我慢が慣れっこになってしまうような。 もしくは諦めているのかもしれません。この歳なのだから、ちょっと膝や腰が痛いくらい、当たり前だと思っているのかも。

もしあなたがご年配のご両親と共に生活をしていないのでなければ、以上の理由でご両親の足腰の痛みに気付くのが遅くなってしまうかもしれません。

自分の家族とは言え弱みを見せない方はたくさんいますし、実際には立ち上がるのも苦痛だという場合でもそんなことはおくびにも出さずあなたをもてなすことがあるのです。

気付いたときにはすっかり正座も出来なくなっているなんてまだしも、転んで足が折れただの腕が折れただのが原因でやっと足腰の弱りを痛感するなんてこともあると思います。

一緒に住んでおられるのなら、体のどこが痛いのか、よくご存知だと思います。例えなかなか痛みを口に出さない方でも、少し水をむければどこが痛いという話はするはずですし、何より日常の動作を見ていれば分かります。

そんな姿を見て、なんとかしなくてはとグルコサミンやコンドロイチンのサプリメントをご両親にプレゼントする方が大勢いるそうです。

我慢強いと言えば聞こえは良いですが、悪く言えば頑固な性分の方が多いのでしょう。これでも飲めと強引に押し付けるくらいでなければいけません。

だからこそ、本当に良いものを、自信を持って勧めたい。サプリメントを押し付けるからには優れたものでなければ納得できない。そんな方にぜひ試してほしいサプリメントがあるので、ご紹介しようと思います。

必要な成分量を満たしていないサプリメント!?

自分で使うならともかく、誰かにプレゼントするとなれば本当に良いものをあげたいですよね。

特に高齢の方ならば、普段から血圧のお薬など持病のお薬を服用しているのが普通ですから、一つ負担を増やす分、確実な効果が表れなければ申し訳ないというものです。

わざわざ買ってきてくれたから飲んでるけど、いまいち効き目は分からないというのでは、かえって気を遣ってもらっていることになってしまいしまいます。

グルコサミンもコンドロイチンもテレビCMなどでよく見かけますから、よく知っているという方も多いでしょう。あらゆるメーカーが膝関節痛を和らげるというグルコサミンやコンドロイチン製品を開発、販売しています。

しかし、当然どれでも良いという訳ではない。体に合う、合わないがありますし、成分の配合量も違います。知名度が高ければ良い製品、安心な製品という問題ではないのです。

というのも、グルコサミン、コンドロイチン製品は、成分の含有量が足りていないものがたくさん出回っているというのが現実だからです。

実際、例えば膝の痛みを取るためにグルコサミンが有効ですと言われても、それが一体どの程度必要なのかは一般の人には分かりませんよね。それに毎日のようにテレビでCMが流されていて、グルコサミンが効くってことが常識のように刷り込まれてしまっていますから、多くの場合一錠当たりの含有量とか、成分の質についてまでは考えないのです。

しかし思い込みで治るプラセボ効果というのは確実にありますから(試薬の臨床実験は必ず偽薬を服用する人を設定します)、どれだけ効果が期待できないサプリメントでも、必ず一定数、痛みが治ったという人が出てきます。

病は気からと言いますし、サプリメントというのはあくまで健康食品ですから、究極的には思い込みを売っているようなものなのかもしれませんが、だからと言って売れればよいという訳ではないでしょう。

そんな中で、愚直なまでに高品質の成分にこだわったグルコサミン、コンドロイチンを含むサプリメントが、ドクターズチョイスの「N-アセチルコリン コンドロイチン」です。

グルコサミン・コンドロイチンの必要摂取量は?

一方は明らかに成分の含有量が足りないのに、数打ちゃ当たるとばかりに安く大量に作り販売しているサプリメント。一方は少なくとも今まで幾度となく繰り返されてきた臨床実験のデータに忠実に、高品質の成分を必要十分量配合しているサプリメント。

同じお金を出すならば、誰でも後者を選ぶでしょう。 しかし実体は、前者のタイプのサプリメントの知名度ばかりが上がり、信用されているのです。

ここでは、せっかくプレゼントするのでしたら、本当に良いものを選んで欲しいという気持ちでドクターズチョイスの「N-アセチルグルコサミン コンドロイチン」をご紹介しているのですが、本来サプリメントというのは医薬品と違い、特定の効果を謳えるものではありません。

コンドロイチンは医薬品が存在しますが、国内のグルコサミンには医薬品が存在せず、言ってしまえば今までの臨床実験でも、これが膝関節痛や腱鞘炎に効くという効果は出たり出なかったりというのが実情です。

それでも、少なくともグルコサミンは1500mg程度なければ効果は見込めないといわれているそうです。

信頼出来るグルコサミンサプリメントは、まずこれを満たしていることが第一条件。これは多くの製品が満たしているようですが、次に、同時に摂取すると相乗効果でより関節痛対策に良いとされるコンドロイチンを十分含んでいるかというところが第二条件になります。

コンドロイチンも1200mgは必要とされています。日本国内でこれを満たしている製品は皆無と言って良いくらいです。日本で医薬品として認められている製品があるのがコンドロイチンの方なのに、こちらの方がおまけ程度に扱われているのです。多くの場合、申し訳程度に150mg、200mgと入っているのが精々。

では、ドクターズチョイスのN-アセチルグルコサミン コンドロイチンの含有量はどうでしょう。

表記されているこれらの成分の含有量は、一日の摂取目安量である8錠中、N-アセチルグルコサミン1000mg、グルコサミン1100mgとなっています。

あれ、足りてないじゃないか、と思われるかもしれませんが、この配合量は一つのポイントでもありますので、以下から詳しくご説明します。

高品質であることと必要摂取量の変化

成分の必要摂取量は、体重によって大きく変化します。

グルコサミン1500mg、コンドロイチン1200mgというのは、体重が55kg~90kgの人の場合。成人でしたら大体この範囲の人が多いですから、一般的な摂取量は1500mgと1200mgと言われているのでしょう。

しかし、膝関節痛を訴える年配の方の場合、55kg以下であることは珍しくありません。膝関節痛になりやすいのは女性が多いですから、それはなお更のことです。

ならば、厳密に言えば一日の必要摂取量を守っていると少し多いということになる。しかし足りなければ元も子もないので、ドクターズチョイスのものは一日の目安量を飲んでもグルコサミンは1000mg、コンドロイチンは1100mgとなっているのです。

では55kg以下の人の場合、どれくらいの量を飲めばいいのかと言うと、グルコサミンでおよそ1000mg、コンドロイチンで800mg程度と言われています。

さらに、ドクターズチョイスのN-アセチルグルコサミンとコンドロイチンは、他の製品とは品質が違うという点も考慮しなければなりません。

まず商品名にもあるN-アセチルグルコサミン。これは普通のグルコサミンと違うのかと言うと、全然違うのです。N-アセチルグルコサミンは普通のグルコサミンと比べると約3倍の吸収力を持つという、優れたグルコサミンなのです。だからこそ1000mgで十分の効果が期待できるのです。

このN-アセチルグルコサミンを使用している製品は国内でも数えるほどですし、同時にコンドロイチンを十分含むものを探すとドクターズチョイスしかないと言っても良いでしょう。

そのコンドロイチンも、サメから取れるというのが一般的な認識でしょうが、実はサメから取れるコンドロイチンは6硫酸という種類で、加齢と共に減少するといわれているのは4硫酸という種類です。

当然補いたいのは4硫酸の方で、これが取れるのは鶏や豚。ドクターズチョイスのものは鶏由来のものと豚由来のもので、併せて1100mg摂取出来るようになっています。

以上のことから、ドクターズチョイスのグルコサミンとコンドロイチンは膝関節痛などの症状を軽減するのに質・量共に十分量を満たしていると言えます。

高品質ですので、もしかしたら一日8錠では多いという方もいるかもしれません。特に体重がそれほどない方でしたら、一日6錠で十分ということも十分考えられますから、様子を見て調整していただくことで、節約にもなると思います。

さらに注目すべき成分

先ほども少しお話しましたが、コンドロイチンはともかく、グルコサミンの関節痛や腱鞘炎などの治癒効果には、実験によってムラがあります。

効果的だった実験もあれば、効果がなかったと結論するしかない実験もあるのです。

加齢に伴って減少する、軟骨の成分であるグルコサミンやコンドロイチンを補いたいのは事実ですが、効果にムラがある、即効性は期待できないなどの評価も聞きますので、長い目で見た治療が必要となります。

しかし、高齢の方の膝痛などの場合、そんな悠長なことを言っている訳にもいきません。それまで我慢を重ねてきた上に、さらにもう2,3年我慢してね、でもこれ続けて飲んでねなんてとても言えない。

できれば、これを飲めば痛みは取れるからねと言って渡したいものです。

ドクターズチョイスの「N-アセチルグルコサミン コンドロイチン」が優れた成分を十分量配合したサプリメントだということはお分かりいただけたと思いますが、実はもう一つ、特筆すべき成分が入っています。

それは、天然の痛み止め成分であるMSMというものです。 グルコサミンやコンドロイチンは軟骨の成分となって次第に痛みを生じさせる部分を補強するという効果は期待出来るかもしれませんが、はっきり言って飲めばすぐに痛みが取れるとは言いにくい成分です。

だからこそ、天然の成分であり副作用もないMSMがものを言うのです。 高齢の、特に女性に多い膝関節痛は、筋力の低下でも引き起こされる疾患です。痛むから動かない、動かないから筋力が落ち、関節に負担がかかりさらに痛む。

この悪循環を断ち切るために、まず痛みを取るのが先決。痛みをとり、動きやすくした上で必要な栄養を補ってあげる。こうすることで、本当に痛みを克服できたといえるのです。

この痛み止め成分が入っていないばかりに、膝の痛みが取れないということはよくあります。その上、グルコサミンもコンドロイチンも足りていなかったり、品質がよくなかったりするのでは、まったく意味が分かりません。

プレゼントするからには、自信を持っておすすめできるものを贈りたいでしょう。そして自信には根拠が必要です。

ドクターズチョイスの「N-アセチルグルコサミン コンドロイチン」には、自信を持ってオススメするだけの根拠がしっかりとあります。だからこそ、特にプレゼントには打ってつけのサプリメントとしてご紹介しました。

大切な人にはぜひ、品質の良いものをプレゼントしてあげてくださいね。